年商=年間LTV×稼働顧客数から
事業の業績を監視し、
評価します。

  • 以前のように売上が伸びなくなった・・・
  • 新規獲得を抑えたら売上が減少してきた!
  • 売上の減少を新規で補うのがしんどくなった・・・
  • 新規獲得してるのに売上が大きく落ちてきた!

その原因は、
稼働顧客数の減少です

稼働顧客数とは?
過去1年以内に1回以上購入してくれたお客様の数
年商(売上)
年間LTV
×
稼働顧客数

年間LTVはそんなに大きく変化しないので、
売上が変動する最大の要因は「稼働顧客数の変動」となります。

稼働顧客数
増加させるには
どうすればよいでしょう

稼働顧客数を増加させる方法は
以下の3つしかありません。

1新規客を集客する
2既存客を維持する
3離脱客を復活させる
顧客維持率に影響
今回買ってくれた顧客が来年も買ってくれる割合

稼働顧客数の増加には
高い顧客維持率が不可欠です。

顧客維持率による
結果の違い

掲載グラフの計算条件:以下の条件にて試算した「稼働顧客数」と「年商」をベースに作成しております。
新規獲得顧客数=1年目1.2、2年目4.2、3年目14.4、4年目24.1、5年目41.9(単位は万人)で、6年目からは新規の顧客を獲得しない。LTV=1年後1.2、2年後1.8、3年後2.2、4年後2.5、5年後以降は2.7(単位は万円)。

顧客維持率
70~93の場合

新規客をしっかり集客すると、5年で年商100億円が実現します。
新規客の集客をストップしても、3年間は売上が上がり続けます。既存客から得られる年間LTVから継続的な売上をもらえます。

掲載グラフの計算条件:以下の条件にて試算した「稼働顧客数」と「年商」をベースに作成しております。
新規獲得顧客数=1年目1.2、2年目4.2、3年目14.4、4年目24.1、5年目41.9(単位は万人)で、6年目からは新規の顧客を獲得しない。LTV=1年後1.2、2年後1.8、3年後2.2、4年後2.5、5年後以降は2.7(単位は万円)。

顧客維持率
45~60の場合

広告費を使って新規顧客を集客しても、5年で年商100億円には程遠い数字です。
新規の集客をストップすると、売上はいっきに下がってしまいます。資金が底をつき、事業を縮小せざるを得なくなります。

掲載グラフの計算条件:以下の条件にて試算した「稼働顧客数」と「年商」をベースに作成しております。
新規獲得顧客数=1年目1.2、2年目4.2、3年目14.4、4年目24.1、5年目41.9(単位は万人)で、6年目からは新規の顧客を獲得しない。LTV=1年後1.2、2年後1.8、3年後2.2、4年後2.5、5年後以降は2.7(単位は万円)。

顧客維持率
65の場合

これがギリギリです。
最低でも、2年目(6回前後)は65%、3年目(1回前後)は86%を目指してください。

毎日監視すべきKPI

トップマネジメントが監視すべきKPIは、下記の3つです。

  1. 1稼働顧客数
  2. 2顧客維持率
  3. 3一人当りのDM配布回数

顧客リストを監視・分析し、問題があればその原因を特定して、「このまま推移したらどうなるのか?」の予測を立てる必要があります。

KPI監視を実現する 顧客分析診断システムMIRAI

KPI監視のハードル

  • 膨大な顧客データから、顧客の状態や問題の原因を分析する人材は限られます。
  • 毎日分析した数値データから、これらを読み取るのは大きな負担がかかります。
  • 特別な技術がなくても、現在の業績の状況が、誰でも一目でわかるような可視化が求められます。
  • 特別なことをしなくても、経営者から現場の担当者までが、同じ情報を共有することも必要です。

顧客分析診断システム
MIRAIで監視

顧客分析診断システムMIRAIで
できること

顧客の状態・問題 分析と発信
ひと目で分かる 可視化
経営層から現場まで 情報共有

顧客管理に必要な、監視、分析、予測の一連の機能を毎日自動的に実行し、
問題があれば警告を発し、原因を提示するシステム。

これが、顧客分析診断システムMIRAIです。

顧客分析診断システム
MIRAIの特長

顧客のライフサイクルから業績を監視し、評価します。

診断用DB(毎日更新)

リスト診断

稼働顧客の数を監視することにより業績変化を診断します。

業績診断

稼働顧客が減少した原因を調査して問題点を明らかにします。

リスト診断

稼働顧客の数を監視することにより業績変化を診断します。
稼働顧客の離脱は購買の少ない新規顧客やランクの低い顧客から始まります。
そのため少しくらい顧客が減少しても売上は減少しません。
売上だけ見ていると顧客の減少に気が付きません。顧客の数は売上の先行指標です。
稼働顧客の数を毎日監視して減少していたら警告を発します。

業績診断

A.顧客診断

新規客の獲得マーケ、稼働顧客の維持マーケ、離脱客の復活マーケなど、「顧客の減少がどのマーケティングによるものか」を診断します。

B.購買診断

購買回数の減少は離脱の予兆、値引きによって顧客が増えた?等、「顧客の購買状況の変化から施策の成否」を診断します。

C.配布診断

販促(DM、メールなど)が足りない、販促が多過ぎる、特定の顧客に集中している等、「DM等の配布と購買の関係から販促上の問題点」を診断します。

「リスト診断表」および、「業績診断表」は毎日Excelブックで提供され、
診断データベースに保存されますので、必要に応じていつでも確認できます。

分析システムと言われるものは世の中に多くありますが、
それらと、この分析診断システムMIRAIは、競合するものではありません。

人で例えるなら、分析診断システムは、定期健診や人間ドックの血液検査です。
ドクターは、血液検査から、人の現在の健康状態を診断します。これが「リスト診断」です。

そして、血液検査の結果がよくないと、精密検査として、レントゲン、CT、MRIなどで、さらに診断をします。
これが「業績診断」の「A.顧客診断、B.購買診断、C.配布診断」です。

このように医療業界では、定期健診や人間ドックによって、
クリニックや病院では発見しにくい病気を未然に発見します。
会社の中に潜んでいる業績悪化の要因を、売上が低下する前に発見するのが、
顧客分析診断システムMIRAIとなります。

人の場合、定期健診や人間ドックで、悪い場所を発見し、治療はクリニックや病院で行います。
分析の世界では、顧客分析診断システムMIRAIで会社の中に潜んでいる業績悪化の要因を発見し、
これを業務レベルのPDCAとして回していくものが、一般的なBIツール、AIツールとなります。

お問い合わせフォーム

以下の入力フォームに必要事項を記入し、「確認画面へ進む」ボタンを押してください。
一両日中に弊社担当者よりご連絡差し上げます。お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。

入力内容にお間違いが無ければ、「送信する」ボタンを押してください。

会社名
部署名※任意
役職名
ご氏名
電話番号※半角数字のみ
- -
メールアドレス※半角英数字のみ
お問い合わせ内容※抱えておられる分析に関する課題やお悩みについてもご記入ください。担当の西野からご回答を差し上げます。
個人情報の取扱いについて

個人情報保護方針

1.はじめに

株式会社 未来館(以下、当社)は、やずや通販CRM基幹システムに関わり取得する個人情報をJIS規格(注)に準拠して適切に保護いたします。
(注)個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項(JISQ15001)

2.個人情報保護の考え方

個人情報保護ポリシー

  1. 1.当社は、お客様個人を識別し得る情報(以下、個人情報)を適切に保護することを社会的責任と考え、以下の取組みを推進します。
  2. 2.当社は、社員に対する教育啓発活動を実施するほか、個人情報保護管理責任者を置き、個人情報の適切な管理に努めます。
  3. 3.当社は、コンピュータシステムに格納された個人情報については、合理的な技術的施策をとることにより、個人情報への不正な侵入、個人情報の紛失、改ざん、漏えいなどの危険防止に努めます。
  4. 4.当社は、お客様から提供いただいた個人情報を、お客様とのご契約上の責任を果たすため、また合意をいただいたお客様に有用な情報をお届けするためにのみ利用します。また個人情報の収集・利用については、以下の「4.個人情報の収集・利用について」の通りです。
  5. 5.当社は、お客様から提供いただいた個人情報を、正当な理由のある場合を除き、第三者には提供いたしません。ただし、Webサイトのフォーラム(会議室)やチャット(会話)、掲示板、電子メールの交換、お客様が自ら開示された情報は公開情報となります。また、個人情報を統計的に処理した集計結果を公表することがありますが、これには個々のお客様を識別できる情報は含まれません。
  6. 6.当社は、お客様の個人情報の保護に関係する日本の法令その他の規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を継続的に見直し改善に努めます。

3.個人情報保護ポリシーが適用される範囲

当社は、やずや通販CRM基幹システムの販売において、お客様にお約束している個人情報保護ポリシーを遵守し、お客様の個人情報を保護します。当社は、やずや通販CRM基幹システムのウエブページにリンクされている他の事業者(または個人)のウエブサイトにおける個人情報の保護については責任を負うものではありません。

4.個人情報の収集・利用について

  1. 1.収集目的:当社はやずや通販CRM基幹システムのご注文や付随するサービスのご注文、アンケート調査やイベントへの応募や参加、電子メール配信サービスへのご登録、会員制サービスのご登録の目的で個人情報を収集いたします。また、お客様が当社のやずや通販CRM基幹システムやサービスを希望される場合に、当社と信頼関係にある企業や団体からのご案内と、お客さまの自主的なお申込みにより収集することがあります。
  2. 2.収集内容:当社が保有している個人データの内容は以下の通りです。
    基本的な内容は、会社名、部署名、役職名、氏名、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、会員の有無、お届け先、DMまたはメール送付の有無、ご注文内容及びお便り等の葉書、お電話内容、ご質問等に対する回答内容、ご注文時において迅速に受付をするために市販されているハローページのデータベースです。またご利用されるサービスによっては、クレジットカード番号、カード有効期限、カード会社名、カード名義人氏名なども提供いただくことがありますが、必ずしもご回答される必要はありません。しかし特定の個人情報を提供いただけない場合には利用できないサービスもあります。
  3. 3.利用目的:当社で保有している個人情報は、お客様がお問い合わせされたやずや通販CRM基幹システムやビジネス情報のお届け、会員制のサービスにおいて登録者であるかの確認、お客様が申し込まれたサービスなどを提供する上で欠かせない確認や案内、アンケートや各種イベントにご協力いただいた方への結果のお知らせ、お客様にお役に立つビジネス情報の提供、お客様に連絡をとる必要が生じた時、お客様の講座受講状態についての紹介者からの問合せへの回答、紹介者の講座受講状態について問合せへの回答、紹介者を特定する場合、などで利用させていただきます。また電話受付、講座資料の発送、DM発送、メールマガジン発信、クレジットカードを利用される場合のカード会社への伝達、コンビニエンスや代金収納専門企業などの売上代金収納、などのために必要な範囲で個人情報を業務委託先に預託いたします。この場合は当社の個人情報保護原則のもとに保護致します。

5.ウエブサイトの安全保護

当社のウエブサイトには、セキュリティとしてSSL(セキュア・ソケット・レイアーと呼ばれる暗号化技術)を使用しております。SSLは、Webサイトでの通信の安全性として業界の標準となっています。個人情報をインターネットで送信する前に暗号化することにより傍受を防止するものです。
さらにWebサイトの利便性や改善のためや閲覧履歴を採取するために、「クッキー」という技術を使用することがあります。「クッキー」は、Webサイトからお客様のコンピュータを識別する技術です。お客様はブラウザの設定により、「クッキー」の受取を拒否したり、「クッキー」を受け取ったことの警告を表示させることができます。お客様が「クッキー」の受取を拒否された場合でもWebサイトの利用はできますが、一部の機能が利用できない場合があります。ただし、この場合でも、Webサイトの利用状況の把握、サービス向上のための企画・集計・分析以外に利用することはありません。

6.16歳未満のお客様へのお願い

16歳未満のお客様が個人情報を当社にご提供される場合は、保護者の同意のもとに提供くださるようお願い致します。

7.お問合せ先

個人情報に関するお問合せは、info@yazuyacrm.com及び、電話番号092−533−0606にて、当社、個人情報保護管理担当者(受付時間:午前9:00〜午後5:00、ただし土日祝は受付をしておりません)までご連絡ください。その場合は、当社の「開示等の求めに応じる手順」に添って、適正かつ迅速な処理に努めます。

2017年4月28日
株式会社 未来館 代表取締役
西野 博道

すべて表示